借入診断でわかる消費者金融の審査

 

インターネット利用で様々なサービスが受けられるようになっています。

 

申し込みをする前でも受けられるサービスも充実しています。それを利用することで、申し込み不安になっている方も安心してお申し込みができるように配慮されています。

 

【借入診断】もそのひとつですが、たった3項目の質問に答えるだけで、申込みの審査を受けなくてもお金を借りることが可能かどうかを診断してくれます。審査の簡易版と言えますが、実はその質問の内容が本審査においてもとても重要なんです。

 

3つの項目というのが【生年月日】【年収】【現在の借入れ金額】になります。それをひとつひとつ説明していきます。

 

【生年月日】ですが、消費者金融に申し込むには年齢制限があります。未成年はもちろん申し込むことはできませんが、具体的には利用可能年齢は20歳から69歳までになります。すでに仕事をしていても20歳になっていない場合は利用することはできなくなっています。また、70歳以上の方も利用はできないことになっています。

 

【年収】この項目は、直接審査に影響するものではありません。年収が少ないからといって利用できないというわけではありません。毎月一定の安定した収入があれば例え年収が少なくても利用することは可能です。ここでは簡易診断なので年収を多く見積もって嘘を入力しても咎められることはありませんが、本審査で多く見積もった場合、審査の途中で収入証明書や給与明細や、確定申告書などを提出しなければならなくなった時に困りますので正直に申告するのが良いでしょう。少ない収入だとしても毎月一定額が給与として受け取っているなら、利用はできますので嘘偽りなく伝えることを勧めます。

 

【現在の借入れ金額】こちらは、今回新規で消費者金融に申込む前にすでに他の金融機関で借入れがあるかどうかを聞いています。すでに完済しているものであれば申告する必要はありません。現在の借入れ状況になります。こちらは借入れが対象になりますので、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードなどのショッピングローンなどは含まれません。ただし、クレジットカードのキャッシング枠を利用しているならその額を申告する必要があります。ただ、こちらの項目も、他の金融機関から返済途中の借入れがあったとしてもそれだけで新規の申込み不可ということにはなりません。

 

【年収】と【現在の借入れ金額】のふたつで、総量規制の対象になるかどうかの判断になります。年収の3分の1までしか借入れができないというのが総量規制ですので、例えば、年収300万円だとしたら100万円までの借入れが可能になりますが、すでに他社で50万円の借入れをしていたら、新規に申込んだ場合は、50万円までしか借入れができないということになります。もし、同じケースで数社で合計100万円の借入れがあった場合は、新規での借入れは難しくなるということです。

 

この3項目だけでも審査に重要だということがお分かりいただけましたでしょうか?この【借入診断】のメリットは個人が特定されるような個人情報を入力することなく簡易審査を受けられることです。もしこの診断で落とされることがあっても、個人は特定されません。落とされたらその理由を改善して申込む余裕はあります。もしこれが、本申込みの審査だった場合、申込みの事実が履歴として残ります。その履歴は他の金融機関もすぐに把握しますので、一箇所で落ちたから、別の記入に申し込むということはより危険ですのでお勧めしません。

 

金融機関では情報を共有している信用情報機関というのがありますので、こちらも調べればすぐに分かることなので正直に申告しましょう。